アイピルについて

アイピルは妊娠を防ぐためのおくすりで、避妊薬として通販でも非常に人気があり、多くの方が購入されています。

もともとはノルレボというおくすりの後発品として認知されていましたが、最近ではアイピルという名称も知れ渡り、万が一の妊娠に備えて常備している女性が増えているという現状があります。

性行為は双方の合意のもとで行うケースが多いですが、軽い気持ちで行うことによって予期せぬ妊娠を招いてしまったり、世間一般的には認知度の高いコンドームをつかう避妊でも何パーセントかは失敗する恐れがあるとされています。

また、最近では以前より結婚や妊娠に対してしっかりと計画的におこなう女性も増えていますので、万が一の予期せぬ事態は避けたいという女性の意見もあります。

アイピルの情報

【飲み方】

性行為の時、避妊に失敗してから遅くても72時間までに飲むこと。また、性行為のあと24時間までに飲むことによって避妊への確率が非常に高くなるので、なるべく早い段階で飲むことを意識しましょう。基本的にはコップ一杯程度水を用意して飲めば良いですね。

【注意点】

このアイピルは医薬品なので少なからず副作用を感じてしまう事もあると思います。このくすりを飲んだ女性に起こる可能性のある副作用は「吐き気・頭が痛くなる・軽いめまい」などです。

副作用がなかなか治まらないようでしたら、一度は病院にいって専門の先生に診てもらいましょう。

また、すでに妊娠してしまっている女性が飲んではいけませんので、そのあたりは覚えておいてください。

アイピルの口コミ

【20代/飲食】

居酒屋の先輩と飲んでいたときにこのくすりの事を聞いて、試しに1つだけ買っていました。少し前に合コンで男のヒトとそういった流れになってしまったのですが、アイピルを常備していたので安心できました♪使う事はないと思っていたのにすぐに使う時がくるなんて…。

【30代/サービス業】

職業がら夜のお仕事をしているので、アイピルはいつも持っています、というより複数常備しています。常に妊娠するリスクはあるので、持っていないと不安です。今までに数回使いましたが、一度も妊娠していません!効き目はあると思いますが、飲んだ後に少しクラっとするのがちょっとネックですね。

ページの先頭へ